2010年05月20日

国民投票法が施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行された。これに伴い改正原案の国会提出が可能となった。しかし、原案を審議する衆参両院の憲法審査会は、与野党対立や民主党政権の誕生などの影響で休眠状態が続いている。改正原案が提出されても審議できる環境にないのが実情だ。
 国民投票法は、改憲に積極的だった安倍内閣当時の2007年5月、自民、公明両党の賛成多数で成立した。施行後は衆院100人以上、参院50人以上の賛同で改正原案を国会に提出できる。原案が両院で可決され、改正が発議されると60―180日以内に国民投票が行われ、半数以上の賛成で承認される仕組みだ。
 同法は、成人年齢の18歳への引き下げを前提に、国民投票の有権者を18歳以上の国民と定めた。しかし、民法など関係法令の改正は進んでおらず、当面は20歳以上が対象となる。 

【関連ニュース】
改憲論議、与党及び腰=「18歳成人」など課題山積
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に
官房長官、18歳成人へ環境整備=国民投票法施行で閣僚

「ノーズギアが出ない」JAC機が緊急着陸(読売新聞)
同じコンビニまた強盗 兵庫・姫路、9日にも(産経新聞)
福島氏、普天間の閣議了解に反対=首相、協議継続を要望(時事通信)
13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)
H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
posted by キタヤマ ヒロミ at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。