2010年04月14日

米タイム誌インタビュー 首相「今まで従属的…米の言いなりならぬ」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は9日までに米タイム誌のインタビューに応じ、日米関係について「日本にとって最も大事な関係」としながらも、「今までは米国の主張を受け入れ、従属的に外交を行ってきた」と指摘した。その上で「一方的に相手の言いなりになるよりも、お互いに議論を通じ、信頼を高めていく」と強調した。

 首相はこれまでも、「米国にも言うべきことを言う」などと、対等な日米関係の構築を唱えてきた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が難航しているだけに、波紋を広げそうだ。

 日中両国の経済力に関しては「中国の人口は日本の約10倍で、いつか日本のGDP(国内総生産)を抜くのは当然だ。経済的により良い日中関係を作る方が大事だ」と述べた。

 ただ、中国の軍事力に関しては「透明性が十分ではない。軍事力の急速な伸びを、常に注視しなければならない」と懸念を示した。

 インタビューは3月30日に行われた。

通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
自転車事故「欠陥が原因」=四肢まひの男性が輸入元提訴−東京地裁(時事通信)
【科学】LHC「衝突成功は画期的」 CERN所長が来日(産経新聞)
子ども手当、半額は「現物支給」=民主若手が提言(時事通信)
posted by キタヤマ ヒロミ at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。